36歳の転職活動のポイント

36歳の転職活動のポイント

36歳の転職活動のポイント

 

 36歳を過ぎると転職市場では、応募できる求人数が急に減り厳しい状況になります。36歳ともなれば、子供の教育費や住宅ローンなど扶養する家族がいるため自分だけの問題ではありません。

 

 そこで、転職活動をどのように進めていくことで打破できるのか、そのためにやるべきことなどの転職活動のステップを紹介しています。現職をこなしながらの転職活動は大変ですが、是非がんばって良い転職先と出会って下さい。

 

 

1.転職について考える

 何故転職したいと思うのかこれを掘り下げて考える必要があります。36歳では転職するための求人数が限られてくるため、自分はどんなノウハウをもっていて、転職することで何をしたいのかを改めて自己分析してから転職を検討するとよいでしょう。

 

 自分の売りが明確になれば、求人がでたときにしっかりとアピールできるため、後々の活動に大きく影響します。

 

【参考記事】

 

 

2.情報収集する

 36歳になると応募できる求人数が少ないため、転職情報はいくらあっても足りません。そこで、人材バンクやハローワークだけではなく、リクナビネクストやリクルートエージェントを利用します。これらは取り扱う求人数が非常に多く、その大半が非公開求人のため、自分に合う求人を探しやすい媒体といえます。

 

 転職に関するアンテナは広げておくほど、いい企業に会う可能性が高まるため労力を惜しまず情報収集します。

 

【参考記事】

 

 

 

3.応募する

 転職活動に必要な書類を準備したら企業に応募します。転職活動では書類審査に通過することが第一関門で、一般的な倍率は10倍以上と厳しくなります。

 

 そこで、企業が会いたいと思うような書類作成が必要になります。求人要項に合わせて自分の経験やスキルがどのようにマッチするのか、具体的な実績や工夫した過程をいれた簡潔でまとまったもので自己アピールします。

 

【参考記事】

 

 

4.面接を受ける

 書類が通過したら面接に行きます。面接に向けた事前対策としては、過去の職歴とその具体的な実績、それを達成できた工夫点、志望動機、転職先でどうこれまでの経験やスキルが活かせるのか、退職理由を準備しておきます。

 

 企業が採用するにあたりこの4つを質問することで、志向性や性格を分析して、自社のビジネスにどう役立つのか選考できるからです。

 

 特に志望動機は、その企業への興味度が図れるため、しっかりと実績と企業ビジョンを関連づけて熱意をもって話しましょう。

 

【参考記事】

 

 

5.内定後の退職手続き

 内定通知書が届いたら、雇用条件や給与などをしっかりと確認して家族とも相談します。

 

 最初の半年はボーナスがありませんので家族の理解が必要になります。これらがクリアになると、現職へ退職の意思を伝えます。この時転職の意向に沿う形で引き継ぎを行い、退職日を調整しますが、入社日などで転職先に迷惑がかからないように気をつけましょう。

 

【参考記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ