在職中に転職活動を行うメリット

在職中に転職活動を行うメリット

36歳の転職活動は在職中がベスト!

 

 36歳は、就職氷河期に新卒採用を控えていた企業にとって、これから会社を背負う人材として魅力的な年齢です。

 

 年金支給や定年の引き上げを念頭に置き、自分に条件のよい転職を実現したいなら、いまが決断しどきといえるでしょう。

 

 転職活動をスタートするにあたっては、キャリアの棚卸しと自己分析、自身の市場価値のリサーチを終えたうえで、キャリアビジョンの再構築をすることが不可欠ですが、それを実現するためには、在職中に活動をスタートすることをおすすめします。

 

 在職中であれば、自分の将来にプラスになる転職ができるかどうか、求人探しの段階でも、ある程度選別することができます。

 

 また、内定諾否の決定をする際も、勤務先を基準に比較検討することで、冷静な判断がしやすくなります。履歴書や職務経歴書にブランク期間がない方が、書類選考も通過しやすいものです。36歳で転職活動を行うなら、在職中から始めましょう。

 

仕事と転職活動を両立するために大切なこと

 

 とはいえ、働き盛りの36歳は、社内で職位がついていることも多く、仕事をしながら転職活動をするのは、それほど簡単なことではありません。

 

 だからこそ、求人情報媒体を上手に活用し、より効率よく活動できるようにしておくことが大事です。

 

 転職サイトに登録すれば、希望条件に合った求人情報が定期的に送られてきますし、スカウト機能を使えば、自分のキャリアに着目してくれる企業から声がかかる可能性もあります。

 

 また、転職エージェントに登録すれば、プロであるキャリアコンサルタントのアドバイスを得ながら、希望条件にあった求人を紹介してもらうことができます。これらを併用することで、効率的に転職活動を行いましょう。

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ